【ナイフショップ・刃物専門店】世界文化遺産・姫路城の間近よりレアなアイテム、コレクタブルなナイフを全国へお届けします!カスタムナイフ・タクティカルナイフ等お任せ下さい!
ホーム | 松田菊男 作 > ユーティリティー松田菊男 作 Model-DB(デロ・ボウキーモデル)OU-31
商品詳細

松田菊男 作 Model-DB(デロ・ボウキーモデル)OU-31[KIKU-DBOU]

販売価格: 55,000円 (税込)
[在庫なし]
ブレイド材がOU-31にアップグレイドしました!
そして初回入荷から2年の時を経て再入荷しました。このモデルは製作頻度が極端に低いようです。次回いつになるのか判りませんので在庫有るうちにゼヒ!!

デロ・ボウキーによる実戦的なモデルがキクさんの手により厚手の蛤刃モデルとして登場!
つまりこれはキクさんとデロとのコラボモデル。
以前の製作モデルよりもブレイドの削り幅が、少し広い目に変更となりました。予てよりブレイドの削り幅については、意見が交わされていましたが、デロがキクさんの意見を取り入れ、若干ブレイドの削り幅が広くなりました。

以下、デロさんの経歴などを含めた解説を・・・

Darryl Bolke  デロ・ボウキー

デロ・ボウキーは、南カリフォルニア所在のポリスデパートメント(PD)を近年引退した、ポリスコーポラルである。 在職中は、PDにあるSWATティームのファイアアームズインストラクター、およびアーマラー(火器類の調達整備担当者)として、17年間に亘り活躍している。また、エッジドウェポンのポリスオフィサー向け導入にも積極的で、あらゆる分野のナイフエクスパートのクラスに参加し、トレーニングを受けている。
1990年代初めには、かのストライダーナイフ社とのコラボレーションとして、小型かつ極厚のブレイドを持つ”DB"モデルをポリスオフィサー向けに開発した。この”DB"モデルは、ポリスやミリタリー関係者に広く受け入れられ、米国政府が発給するNSN(ナショナル・ストック・ナンバー)ナンバーを取得しており、制式装備として採用されるまでになっている。
 さらに在職時、今も全米で参考にされている”オフィサー向けナイフプログラム”を著し、エマーソンナイフ製”P-Sark"モデルを、他PDに先駆けて制式採用させ、全オフィサーに支給するまでに到った。

”DB"のニックネームで知られるデロは、他にも何人かのナイフメイカーとのコラボレーションが実現しており、都市部でのセルフディフェンスおよび実用性の高い特殊ナイフを発表し人気を得ている。
本人曰く「今回のプロジェクトでは、日本の人気メイカー松田菊男氏による素晴しいグラインドテクニックと、私がこれまでに培ってきたデザインコンセプトが融合して現実化することになり、非常に期待している。このコラボレーションによって、ナイフユーザーであるプロフェッショナル達が心から信頼できるナイフを届けられると信じています」

商品詳細
全長/刃長(単位はmm):233/115
刃厚(単位はmm):6
ブレイド材:OU-31
フィニッシュ:エッチング
ハンドル材:ブラックキャンバスマイカルタ
付属シース:カイデックス
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス