島田英承 作/Wild Cat・マイカルタ 150ミリブレイド

島田英承 作/Wild Cat・マイカルタ 150ミリブレイド

販売価格はお問い合わせください。

在庫なし

商品詳細

◆島田英承 作/Wild Cat (黒仕上げ)
 グリーンキャンバスマイカルタ
 ブレイド長150ミリ
黒仕上げのモノは、土佐鍛冶の秋友さんが鍛えた甲伏せ造りの刃を、島田センセこと、島田英承氏が刃の成型、仕上げ、ハンドル加工を行った、島田英承主体のカスタムモデル・・・と言えばよりその違いが分かり易いでしょうか・・・

島田先生のアレンジが全面的に表れることにより、島田カスタムの醍醐味と、レッドオルカ(秋友氏の鍛造刃物のブランド名称)の切れ味の両方が楽しめると言う、切れモノマニアにとっては堪らない1本であると思います。

刃長150ミリブレイド
いわゆる5寸サイズの通称「子猫」と呼ばれる小型サイズです。8寸モデルがバンバン木をカットする剣鉈的使用を目的としているのに対し、こちらは力仕事以外をこなす小型ユーティリティーです。
このサイズで、しかも鍛造ブレイドを用いたところに、このナイフの守備範囲の広さが伺えます!
今回のはちょっと分厚い(刃元で焼く7ミリあります)がっしりモデル特別版!


■参照 ナイフマガジン2007/4月号(NO.123)

山猫シリーズ
やや上反り気味のブレイドラインなど、元々の形は島田センセが昔から、その時代ごとに様々なブレイド材を用いて製作してきたモノ。約10年ほど前に、土佐鍛冶の秋友さんが鍛える「甲伏せ」を試用し、以来その性能に惚れ込んで製作を継続。
継続して製作していく中で、細かな改良が加えられ現在のカタチになったという「伝統的」なスタイルです。
サイズも5寸=15cmの刃長、8寸=24cmの刃長と2種類作られ、用途に応じて選べるようになりました。大型の8寸は鉈としての威力を発揮し、5寸はユーティリティー全般に・・・つまりこの大小があればほとんどの用途をカヴァーしてしまえるという、とても良く出来たモデルです。
今でも島田センセ自ら、ことある毎にキャンプ等で使用し製作にフィードバックしている「代表作」です。

商品詳細

全長/刃長(単位はmm) 270/150
刃厚(単位はmm) 7
ブレイド材 甲伏せ造り(白紙鍛造)
フィニッシュ 黒染め
ハンドル材 グリーンキャンバスマイカルタ
付属シース 革シース

他の写真

ナイフショップ,包丁(庖丁)刃物専門店,タクティカルナイフ,カスタムナイフ,SUREFIRE,タクティカルグッズ,山下刃物店