橋本庄市 作 デスクトップナイフ「息吹・弐」

橋本庄市 作 デスクトップナイフ「息吹・弐」

販売価格: 64,000円(税込)

残り1点のみ
数量:

商品詳細

若き金属造形作家、ショウちゃんこと橋本庄市君のオブジェ系作品です。

書斎のデスクに合いそうな台座付き小刀です。
鞘ではなく小型な本体の構造を活かして、台座に引っ掛けるようにして収納するあたり、独特な発想でショウちゃん作品らしいなと思いました。このモデルには前身モデルとして「小丸」シリーズがありました。
ショウちゃん曰く、見た目はしっぽ以外ほぼ同じですが、このタイプのモデル名は「息吹」としました。
小丸さんはシンプルに「丸める」というなコンセプトでした。
対してこちらは朝顔の発芽とかゼンマイの先端等の「植物の芽」の部分の雰囲気を意識してしっぽの先っちょを丸めています。
あまりそうなっていないのもありますが…とりあえず有機的なイメージです・・・と言うことなのです。

【店長ブログにてさらに画像を】
台座などいろいろな角度の画像をブログにてご紹介しております


ナイフのサイズ 全長180ミリ 刃長約65ミリ

台座は全て焼いた朴の木で、底は溶かしてテクスチャーを付けた鉄板です。

◆お手入れ・保管用にシリコンオイルスプレーをお付けします

以下、再びショウちゃんによる解説です。

鋼材構成:表はモザイクダマスカス2種と数種の積層ダマスカスを重ねたもの。裏はステンレス入りの積層ダマスカス。

エッジ:青紙2号。
表面処理:軽めの黒染め。
・モザイクダマスカス2種とシンプルな積層ダマスカスをそのまま積み重ねたダマスカスです。ブレイドの模様ははっきりしたものになりますが、モザイク部分の模様の動きが通常の積層ダマスカスよりもすこし複雑になります。
・グリップの部分の表面はほぼニッケル・ニッケル合金になっていますので錆びにくいです。現在黒染めでちょっと面白い発色ですが、比較的弱い被膜ですので、実用すると磨れる部分が段々銀色近づいていきます。
・しっぽは丸めた後、そのまま胴体にねじ込んでいます。

他の写真

ナイフショップ,包丁(庖丁)刃物専門店,タクティカルナイフ,カスタムナイフ,SUREFIRE,タクティカルグッズ,山下刃物店