William Henry

「ウィリアム・ヘンリー」今やこのメイカー名も、説明の必要がないくらい
メジャーになりました。工房をオレゴンに移し、設備を拡充し益々その
ナイフ作りに力が増してきました。
アーティスティックな作品が多いのも特徴ですね。日本のメイカーでは
発想すらも敵わない、多彩なモデルを展開してくれます。

「ウィリアム・ヘンリーについて」
27
ナイフショップ,包丁(庖丁)刃物専門店,タクティカルナイフ,カスタムナイフ,SUREFIRE,タクティカルグッズ,山下刃物店